ハイスペック男性との会話に求められるバランス

本日はハイスペック男性との会話について考えていきたいと思います♡


私の彼はとてつもなく頭がよく、様々なことを知っていて知識が深いです。

基本は静かな彼ですが、ツボにはいれば、たくさんの面白い話を聴かせてくれます😍


ハイレベルすぎるがゆえに、、、

(´・ω・`)え?どういうこと?

ということもありますが、彼のお話はとても興味深く私自身の教養にもなります。


一番驚いたのは、ジェットコースターに乗る際に人体にかかる重力「G?」について、速度と何かで計算を始めたことでした。。。

(o・ω・o)何とか × 何とか、、、つまりは、、、

あれはさすがに引きましたね(笑)
傍らでにっこりほほ笑むのみでした。


異性と話すときはの割合で相手が話すくらいを意識すると相手は心地よいのだそう。


その7をいかに相手が話してくれるのかが重要なんですね。
おしゃべりな私はうっかりすると自分ばかりが話していることになりがちです…
・・・気を付けなければ。


男性には突然熱く話し始めるツボがあると私は確信しています。
それは今までどの男性と話しても感じましたし、特にハイスペックな方に多い印象です。


余談ですが、偉い先生や教授などはそのツボさえわかれば、一人でお話してくれるため接待がとても楽です。


そのポイントを探れば、後はうなづきとオウム返し、そして時折質問さえしていればOKです。

とにかくツボがわかれば、そのお話をしっかり聴くことにつきます。
探り方はその人の専門領域か趣味の話から大体探れます。

可能なら彼のツボを押さえたうえで、自分も勉強して知っておくことです(*´ω`*)
知ってることを…

(о´∀`о)私も知ってるよ!

というのではなく、話を聴きつつ

(о´∀`о)ふむふむ!それはこういうことなんだね!

わかってる風に返すことで理解できてる感と頭の回転が速い感が出て、いい感じです。
知識が深いため、たくさんお話ししてくれると興味深いですし、最初はわからなくてもだんだん面白くなってきます✨

物理が苦手な私はどうしても冒頭の「G」の話は(´ω`)へえ と聴くのみで終了でしたが(笑)

そんなこんなで、おしゃべりがすぎないように気を付ける日々です。

Hana