銀座のあんみつ屋さんとメラビアンの法則

ご覧いただきありがとうございます(*´ω`*)

Hana♡です。
 
今回は以前彼と行ったデートでの事件を綴ろうと思います。
 
すぐに誤解は生まれる
 
と思った事件です。
程度としてはくだらないんですけれどね😂
 
私は彼と7年ほど一緒にいます。
だから、色々彼はわかってくれてるだろう、と過信していることは否めません。
 
私の言葉のニュアンスからわかってくれてるんだろうな~と思っているんです(;・ω・)いけませんね!
 
 
その事件の発端は、
 
あんみつが有名なお店に行ったところから始まります。(笑)
 
和菓子が好きな私が喜んでくれると思ったようで、彼が連れていってくれたんです😊
 
メニューを決める段階で、何にする?といわれたので、
 
(о´∀`о)抹茶アイス(のあんみつ)で!美味しそう~。
 
と私はあんみつというワードを省略して注文をお願いしました。(抹茶アイスも抹茶アイスのあんみつもあったんです(笑))
 
あんみつ屋さんに来て、あんみつ以外頼むなんてことは考えてなかったので、深く考えず、「じゃあ、抹茶のやつで~」的なのりでした😂
 
彼は少ししょんぼりした顔をして、お店の人に
 
(o・ω・o)○○あんみつと抹茶アイスをお願いします。
 
といいました(笑)
よくよく考えればそりゃそうですよね😂
 
私は慌てて、
(о´∀`o)あ!抹茶アイスのあんみつです!
 
と言い直しました💦
 
 
彼はせっかく美味しいあんみつ屋さんに来たのに、私はあんまりお気に召さなかったのかなと凹んでしまったそうです。。。
というのも、美味しそうだねというわりにあんみつを頼まず、すこし沈んだ感じでうつむいていたように見えたのだそう。
 
うつむいてたのはメニューを決めていたからなのですが、私的にはかなりテンションは上がっていたんです。
かつ、あんみつありきで考えてたので、みなまで言いませんでした…
 
自分の意図してることや感情が相手に伝わらないってありますよね。
 
 
 
というものがあります。
 
メラビアンの法則は別命、「7-38-55のルール」とも言われています。
 
人とコミュニケーションにおける実験で証明されたもので、相手からメッセージが発せられた際にどこのポイントを見て人は受け取っているのか、ということです。
 
人からメッセージを受けとるとき、私たちは言語情報は7%、聴覚情報は38%、視覚情報は55%の割合で受け取ってるのだそう。
 
よく喧嘩したカップルが「大丈夫だから、ほっといて!」といっても(;・ω・)全然大丈夫じゃないじゃん…と感じるするのは、相手の言葉だけでなく声色や態度も見てるから、なんですね。
 
つまり、私の事件に戻ると、
 
うつむき加減で嬉しそうに見えず
声のトーンも普通で
言葉も足りないため
 
彼としては、好きだと思ったのにこんなにうつむいて、かつあんみつを頼まないなんて、好きじゃなかったのか…と思うに至ってしまったんですね(´・ω・`)
 
こんな些細なことでも誤解が生まれ、一瞬でも相手を悲しい気持ちにさせてしまうのか、と驚くと同時に勉強になりました。
 
確かによくよく考えれば、とてもテンションが上がっていたにも関わらず、そんなに表に出してなかったかも…!と思いました(*´-`)
連れていってくれた相手への配慮にも欠けますよね…
 
どんなに長く一緒にいても、ちゃんと言葉を省略しすぎず、声色や態度で表現もしないといけないなと勉強になりました😊
 
また、口でいってることと、表情が違うと相手も混乱するし、本当はどう思ってんの!?とやきもきさせてしまいますよね💦
 
言葉のニュアンスだけで伝えようというのは怠慢です・・・。
気を付けていきたいなと思ったそんな事件でした😌
 

f:id:mattari_nikki:20190526170233j:plain

 
ちなみにあんみつはとっても美味しかったのでおすすめです♡
興奮しすぎてうっかり抹茶アイスのあんみつの写真を撮り忘れました(笑)
 
Hana♡
 
<a href="https://ol.blogmura.com/ol_around30/ranking.html?p_cid=10995605" target="_blank" ><img src="https://b.blogmura.com/original/1174704" width="180" height="240" border="0" alt="にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ" /></a><br /><a href="https://ol.blogmura.com/ol_around30/ranking.html?p_cid=10995605">にほんブログ村</a>