所有欲を満たすかホルモンに打ち勝つか

お買い物は楽しいですし、素敵なものが手に入るとテンションも上がりますよね!

しかし、買いすぎは薄給OLのお財布には大打撃。
お買い物やおしゃれを楽しみつつやりすぎない対処法を考えていきたいと思います。

○戦利品の買い方

ワイドパンツと白のアンサンブル♡


ワイドパンツはMystradaのものです。


f:id:mattari_nikki:20190504155042j:plain


こちらも先日お伝えしたシークレットセールでゲットした戦利品になります。


ペプラムセットアップを購入しました♡

基本的にワイドパンツしかはいてませんが、本当に楽で脚長効果もあり、とてもお気に入りです!


プライベートでもお仕事でも使えるので、凄く重宝しています。


VERYにも掲載された商品だそうです♡


元々のお値段は25,920円(;・ω・)


しかし、ファッションウォーカーのシークレットセールの70%オフで購入したので、なんと7,776円でした😂

お得すぎます♡


シークレットセールは人気すぎて、カートに入れることもままならないです。

販売開始の24時の5分前から購入したい商品のページで待機し、24時になった瞬間に購入ボタンを押しても購入できないこともしばしば…


準備と運にかかっています。

何回もカートインを繰返したり、復活を待ったり。

ファッションウォーカーはカートに30分しかキープがで着ないので、迷って購入しなかった方などがいらっしゃると早くて0:30頃に在庫が復活してることもあります。


ほしいものを購入するには険しい道のりですが、、、


格安で質が良くて素敵な服をゲットできるので、これからもシークレットセールのお知らせをわくわく待ちたいと思います♡

○なぜ服を衝動買いしてしまうのか

しかし、やはり買いすぎは禁物。

年を重ねるほど私の脳の一部が萎縮して金銭感覚が狂ってくるのか、ついつい

3万円のワンピースが1万円になってる!

安い!ポチッ!って買って後から嬉しいけど買ってしまった…!と後悔しちゃうんです。。


なぜそんなに衝動的になり、かつ後からアンビバレントな感情を抱くのか調べてみたところ…


買い物をするときはドーパミンというホルモンが分泌されることが関わっているらしい。

ドーパミンは期待、快感、ストレスを引き起こすホルモンです。
分泌されることで脳が興奮して快感を感じますが、幸福感は与えてくれません。


そのため、その服を着ている自分を想像し期待して興奮し、安くなったことで購入できる!手にはいる!と買うことで快感を感じるんですね。

しかし、期待や快感は長続きしないですし、購入後は手に入ったので期待も何もないですよね。。
そのため、買ってしまうと冷めてしまい、興奮したことでストレスも感じてしまう。。


そして、引き落とされるお金を見て激しく後悔すると…
ホルモンって怖いですね…
女はどれほどホルモンに左右される人生なのか…


少なくとも脳が狂ってるわけではなく、生理的な反応だということがわかり安堵です(笑)

○衝動買いしないための対策

安物買いの銭失いにはなりたくないので、私は年間で使える服飾費を決め…

①もともと狙っているもの
②そのシーズンにほしいもの
③消耗品で消耗しそうなもの

に絞って買うようにしています。

また、「わー!ほしい!!」と思っても、これはドーパミン!ホルモンの良いようになってたまるか!と言い聞かせ、一旦置いておいてゆっくり考えることにしています。


でも!あのシークレットセールはカートインして30分のうちに決めなければならないので、危険ですね😭


商品はセール開始3時間前の21時から公開されるので、そこからしっかり吟味してホルモンのいいなりにはならずに頑張りながら、素敵な服を適量でゲットしようと思います😂



素敵な服をゲットできたときの勝利感

ホルモンに打ち勝ったときのそこはかとない勝利感


どちらも悪くはありません。(笑)


Hana