保険をどうするのか問題


ご覧いただきありがとうございます



保険は目に見えないリスクにお金を払うこと



将来的に助かるかもしれないし、ただお金だけ払って終わるかもしれない



本当に難しい商品だなとつくづく思います



どう考えるのかは人それぞれでいろいろ調べても色んな意見に翻弄されてしまいます



私は安心を買うと思って最低限でもいいのでかけたい派です




しかし最低限度ってどれくらいなのか、、、よくわかっていません





そして結婚して保険を互いにどうするか話し合いの場がもたれました



彼はなぜか保険嫌い?で結婚当初から入りたくないと話しておりました



若いし健康的な生活をしているから保険に入らなくても大丈夫!



健康保険には入っているし、医療費が高くなれば高度療養費制度がある月に何百万も負担することにはならない



今は外来で抗がん剤もできる時代だから入院が長期化することも考えにくい



わからないリスクにお金をかけるよりも資産を増やして配当金とか不労所得を増やす方が賢いやり方だと思う




というのが彼の意見でした





・・・



・・・正直不安です!!



確かに彼のいうことにも一理あります




若いから全体的に疾患のリスクは低いとは思う




でも、若くても罹患することや生活習慣と関わりのない疾患だってある




道を歩いている時に居眠り運転の車が突っ込んできて事故になるかもしれない




結局リスクは低くても自分に当たれば1か0でしかないんですよね





長期の治療が必要になった時に今の資産で生活ができるのか




今何かあればこれだけの資産しかなければ治療費と生活費を私が必死で働いても払いきれないかもしれない




高額療養費制度を使っても月に万単位でお金はかかる




差額ベッド代や保険適応外の治療をすることになったらどうするのか?




満足に医療費も払えず、生活も立ち行かないなんてことになったら目も当てられないぞと、、




私が病気になった時には旦那に負担をかけている、申し訳ない、、、と性格的に思ってしまうかもしれない




何もないのが一番だけれども、何かあった時にお金を気にして治療に専念できないというのはとても悲しいし辛いことだと思う




保険金がほしいというだけではなくて、安心と心の安寧のために互いに保険に入りたい





と話し合いを重ねました




f:id:mattari_nikki:20190915135252p:plain




結果、結婚3か月にして保険に加入することに、、、!




彼の言う通りまだ若くリスクも低いというのと、これから何もなければ資産をどんどん貯められて、株で配当金も入ることを考えて、




事故や病気、入院を全般的にカバーしてくれて安価な県民共済の【総合保障2型+入院保障2型(月々4000円)】に加入することにしました




保険料を毎月何万円も払い続けるのもちょっと違うかなと思うので、一先ずはこちらで




子供が生まれたら見直しをすることにします




収入がある人って、何とかなるっていう感覚があるのかもしれません



確かに時給1万円を超える職業なので、私とは感覚が違うのかもしれないなと思います



でも、もし私が彼を経済的に支える立場になれば今は1日必死で働いて1万円くらい、、、



やっぱりリスクには少しでも備えておきたいなと思ってしまいます




因みにですが、私が10代の頃から親が加入してくれていた医療保険に加えて、事故、病気など広めにカバーしている県民共済に加入しました(約6000円)



なぜか収入がない私の保険が若干手厚いという、、、



まあ、二人で月1万円で、割戻金もそこそこ返ってくるので一先ずはこれで笑




これでいいのか、もっといろいろ手厚くした方がいいのか、加入後もあれこれと悩んでしまいますが、一旦これでまた状況次第でフレキシブルに変えていけるようにしたいなと思っています



本当に保険は難しくていいところを突いてきますね



ある意味、保険も一種の投資のようなものだと考えて割り切るしかないかなと思います




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村